仕事が激務の中でのリフレッシュ方法

仕事が激務だからこそ、身体のリフレッシュは欠かすことができません。しかし、少ない休日にリフレッシュと称して予定を詰め込みすぎてしまうと、逆効果となってしまうこともあります。そこで、激務の中で与えられる1日や2日の休日に、効率良くリフレッシュするためのコツを紹介しましょう。まず大前提として、休日の第一の目的は当然のことながら休むことであり、夜更かしなどをせず睡眠時間を十分に確保することが大切です。翌日以降の仕事に響いてしまっては、いつまで経っても仕事でもプライベートでも満足した結果は得られません。休日にしかできないことがあるのもわかりますが、それはまとまった休日が取れるまで我慢して、まずは身体を休めることを第一に考えましょう。

とはいっても、ダラダラと寝るだけの休日をおすすめしているわけではありません。睡眠時間を十分に取ったうえで、心もリフレッシュできるような時間を過ごすことが重要で、ストレスを溜めないことがポイントです。まず、分刻みのスケジュールを立てるのは止めましょう。疲労を消化することが目的の1日ではリフレッシュになりません。また、イライラや結果に一喜一憂する趣味に没頭することも、結果によってはストレスが貯まって逆効果になります。自分1人で完結できて、適度な達成感を得られる過ごし方がおすすめです。例えば、映画を見たり料理をしたり、友達とディナーに行くといった過ごし方が挙げられます。没頭したい趣味や朝まで飲み明かす楽しみは繁忙期明けに取っておき、心身を休めることを最優先してください。また、休日の過ごし方以外に、激務中の仕事対策も欠かせません。激務を乗り切る方法が””””激務対策完全攻略マニュアル“”””に掲載されていたので、参考にしてみてはいかがでしょうか。